FX「NDD方式・DD方式」の違いとは?メリット・デメリットをわかりやすく徹底解説

「あなた」はFX業者ごとに我々「個人投資家」の注文を処理する仕組みが異なる事をご存知でしょうか?

この注文処理について深く理解する事によって・・・

ご自身のトレードスタイルに最適な方式のFX業者を選ぶ事が可能になり、ご自身の取引成績に影響を及ぼす可能性があります。

よって、今回はFX業者の注文処理「DD方式」と「NDD方式」についてわかりやすく解説します。

 

本記事で解決できる悩み
  1. 「NDD方式・DD方式」とは何なのか?
  2. 「NDD方式・DD方式」の違いとは?
  3. 「NDD方式・DD方式」のメリット・デメリットとは?

 

興味のある方は、最後までお付き合い下さい。

 

 

FXを基礎から学ぶ

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

 

 

▼海外FX業者の中で日本人利用率No.1▼

今なら口座開設するだけでGET

FX「DD方式とNDD方式」とは!?

「個人投資家」は、FX業者に口座を開設して売買取引を行いますが、売買取引には「個人投資家」、「FX業者」、「インターバンクの金融機関」の3つがあります。

FX業者は、私達「個人投資家」の注文に対して、大きく分けて2種類のNDD方式」と「DD方式という注文処理を行っています。

詳しく解説します。

 

FX業者の注文処理「NDD方式」とは!?

FX「NDD方式・DD方式」の違いとは?メリット・デメリットをわかりやすく徹底解説

NDD方式とは、「None Dealing Desk」の略で、「ディーリングデスク」を置かず、トレーダーの注文をそのまま市場に流すFX業者の事を言います。

ディーリングデスクとは、個人投資家とインターバンクの間に入り、取引を仲介するデスク(プロのディーラー)のことをいい、トレーダーの注文を市場に流すかどうかを人間が判断しています。

 

海外FX業者では、NDD方式の方が一般的な通信方式になります。NDD方式を採用しているFX業者は、個人投資家の注文を自動的に流すため、取引に人間は介入していません

複数のカバー先(金融機関)から最適なレートを直接表示してくれる為、レートの信憑性があります。スプレッドはDD業者に比べて若干広めですが、中にはDD業者とほぼ同じ水準のスプレッドを配信しているNDD業者も存在します。

NDD方式にも、細かい執行方式の違いで「STP方式」、「DMA方式」、「ECN方式」の種類に分かれます。詳しく解説します。

 

STP方式とは!?

STP方式とは「Straight Through Processing」の略で、名前の通りトレーダーとカバー先金融機関やリクイディティ・プロバイダーを直接繋ぐシステムのことをいいます。

STP方式を採用しているFX業者は自社のFXシステムを稼働させて、トレーダーの注文を自動的に流しているため、FX業者がトレーダーの注文に対して何か手を加えたりすることはありません。

 

DMA方式とは!?

STP方式のうち約定確認(ラストルック)を行わないFX業者を「DMA(Direct Market Aceess)方式」を採用した業者の事を言います。

DMA(ダイレクトマーケットアクセス)はNDD方式の中でも、最もレートの信憑性が高い執行方式と言われています。

 

ECN方式とは!?

ECNとは、「Electronic Communications Network」の略で、ネット上で金融商品が電子取引できる私設取引システムの事を言います。

ECN方式では、参加している金融機関やリクイディティ・プロバイダー(LP)同士で株式の板取引と同じ要領で取引が行われます。自分が買い注文と他の売り注文をぶつけることで取引が成立します。ECN方式を採用したFX業者であれば、個人でも金融機関やLPと同じ土俵で直接、トレードが可能です。

 

FX業者の注文処理「DD方式」とは!?

FX「NDD方式・DD方式」の違いとは?メリット・デメリットをわかりやすく徹底解説

DD方式とは、「Dealing Desk」の略で、「ディーリングデスク」を置いているFX業者のことを言います。個人投資家の注文をカバー先に流すかどうかはそのFX業者に所属するプロのディーラーが判断する方式です。

DD業者のメリットは「とにかくスプレッドが狭い」という点。海外のFX会社に比べれば日本国内でDD方式を採用しているFX会社はかなりの低スプレッドを実現しています。

 

国内FX業者スプレッド業界最狭水準

 

 

FX「NDD方式」と「DD方式」の違いやメリット・デメリットとは?

NDD方式とDD方式の違いとは?

項目 NDD方式 DD方式
FX業者の介入 なし あり
FX業者による取引操作 できない できてしまう
取引の透明性 高い 低い
FX業者の利益 スプレッド(手数料) ノミ行為など
スプレッド 広くなる 狭くなる

それでは、「NDD方式」と「DD」のメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

NDD方式のメリットについて

NDD方式のメリットはDD方式に比べて取引における透明性が高い点が挙げられます。

なぜなら、基本的に取引による手数料及びスプレッドで利益を得ている為、顧客の注文をそのままインターバンクへ流しているからです。

DD方式のようにFX業者と利益相反にならない為、FX業者は顧客に不利なレートを提示したり、スリッページによって必要以上に滑らせたり、約定させないようにしたりする必要がありません。

このような顧客が不利になるような不正をされるリスクが低いのがNDD方式の大きなメリットです。

また、とにかくたくさんトレードをしてもらうことでFX業者は、利益が増える為、NDD方式のFX業者では「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」「ロイヤリティプログラム」等の顧客にとっては嬉しいボーナスを提供してくれるFX業者も多くあります。

 

▼NDD方式を採用!透明性の高い取引を実現!▼

今なら口座開設するだけでGET

 

 

▼NDD方式を採用!透明性の高い取引を実現!▼

口座開設するだけでGET

 

 

NDD方式のデメリットについて

NDD方式のデメリットは、DD方式と比較をするとスプレッドが広く取引コストがかかることです。

DD方式のFX業者では、米ドル円のスプレッドが0.3銭などといった所もありますが、NDD方式のFX業者ではここまで狭いスプレッドはまずありえません。

業者に不正をされるリスクは低くなる一方で、取引コストは大きくなってしまうのはデメリットと言えます。

 

DD方式のメリットについて

DD方式のFX業者ではスプレッドによる取引コストを小さく抑えられるのが最大のメリットと言えます。

なぜなら、DD方式ではFX業者はインターバンクへ顧客の注文をそのまま流さずに、顧客同士の注文を相殺させることができます。

Aさんが100円で買い注文を出しているのと同じタイミングでBさんが100円で売り注文を出している場合、FX業者はわざわざインターバンクへその注文を流さずにAさんとBさんの注文を相殺します。

こうすることで、本来インターバンクへ注文を流すことによってかかる手数料を省くことができ、その分スプレッドを狭くして売買にかかるコストを抑えることができます。

本来インターバンク市場ではスプレッドは常に変動していますが、DD方式によるFX業者ではマリー取引という仕組みによってスプレッドをドル円0.3銭などと圧倒的に狭く、なおかつ原則固定にすることができるのです。

 

国内FX業者スプレッド業界最狭水準

 

 

DD方式のデメリットについて

DD方式のデメリットはその不透明性が挙げられます。

DD方式のFX業者では、注文の処理方法がブラックボックスである以上、FX業者にとって有利な取引となるように為替レート、スプレッド、スリッページなどを多少コントロールされる可能性があるからです。

 

FX「DD方式とNDD方式」のまとめ

今回は、FX業者によって異なる「DD方式」、「NDD方式」について解説しました。

NDD方式を公言していても、実際はDD方式、という業者もたくさんあります。

正直、FX業者の約定方式はブラックボックスです。

まず内部の人間しか真実はわかりません。

完全なる透明性の元で取引をしたい方は板情報も閲覧可能なECN方式を採用しているFX業者や口座タイプを選択すると良いと思います。

また、DD方式=勝てない、NDD方式=勝てる、ということでもありません。

どちらかが正義で、どちらかが悪、ということもありません。

NDD方式とDD方式、どちらのFX業者がいいのかは、トレードスタイルや個人の考え方によって変わるので、それぞれのメリット・デメリットを深く理解し、自分にとって一番使いやすいFX業者を選んで頂くのが最善です。

 

「あなた」の投資生活に少しでも光がさす事ができれば幸いです。ノシ

 

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

 

FXを基礎から学ぶ

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

 

▼海外FX業者の中で日本人利用率No.1▼

今なら口座開設するだけでGET