FXの基礎知識

FX「マルチタイムフレーム分析」の意味とは?使えるの?やり方やコツ・簡単手法を解説

突然ですが、「あなた」は、マルチタイムフレーム分析(MTF)をご存知ですか?

複数の時間軸(短期・中期・長期)でチャートを分析するマルチタイムフレーム分析(MTF)は、とてもシンプルで使いやすく、勝率が高いこともあり、初心者からプロトレーダーまでに至るまで、とても人気があります。

なぜなら、マルチタイムフレーム分析(MTF)は、「スキャルピング(短期トレード)」や「デイトレード(中期トレード)」、「スイングトレード(長期トレード)」など、トレードスタイルに関係なく、損をするリスクを抑える効果が期待できると言われているからです。

よって、この記事の内容は、マルチタイムフレーム分析(MTF)の理解が浅い方や、まだ知らない方にとって必ず役に立つよう、簡単にわかりやすく解説しておりますので、興味がある方は最後までご覧ください。

 

本記事で解決できる悩み
  1. 「マルチタイムフレーム分析」の意味とは?
  2. 「マルチタイムフレーム分析」は使える?意味あるの?
  3. マルチタイムフレーム分析」はどう使えばいいのか?手法は?

 

FXを基礎から学ぶ

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

 

▼海外FX業者の中で日本人利用率No.1▼

今なら口座開設するだけでGET

 

FX「マルチタイムフレーム分析」の意味とは?

マルチタイムフレーム分析(MTF)とは、エントリーする際にトレードスタイルに関係なく、複数の時間軸(短期・中期・長期)でチャートを分析します。そして、現在の相場状況やトレンドを確認した上で、エントリーポイントを探る分析法です。

日本語で言うと、「マルチ(複合的な)」、「タイム(時間)」、「フレーム(枠)分析」となります。

MTF分析の基本は、コツとして、まずは「月足や週足、日足」の長い時間軸から長期的な視点から分析します。

ローソク足の基本をくわしく解説しています。

FX・為替「ローソク足」とは!?見方・基本型・分析方法まで徹底解説! 

 

このように、大きな視点で時間足でチャートを分析することを「マクロ分析」と言います。まず現状を大きな視点で分析を開始します。そして、今度は短い足でより具体的にエントリーポイント探ります。この小さな視点でチャートを分析することを「ミクロ分析」と言います。

では、次章では、なぜマルチタイムフレーム分析(MTF)トレードスタイルに関係無く重要な分析法と言われているのでしょうか?詳しく解説します。

 

FX「マルチタイムフレーム分析」のメリットは?使えるの?意味あるの?

FX初心者の多くがマーケットで勝てない・負け続けてしまう原因として、短い時間足しか見ないでトレードをしてしまっていることが多い現状があります。

まず、大前提でマーケットは、大きい足のトレンドや、サポート・レジスタントラインが短い足がより意識されます。

サポート・レジスタントラインの基本をくわしく解説しています。

FXサポートラインとレジスタンスラインとは!?基礎からラインの引き方、応用まで解説!

 

短い時間足(一つの時間足)しか分析していない場合は、それに気づく事ができません。

マルチタイムフレーム分析のメリットは、短い時間のチャートだけでトレードをするよりも、長い時間・複数の時間のチャートを見ることで、視野が広がり、マーケット全体を見ながらトレンド、サポート・レジスタントラインの位置が見える点にあります。

もちろん人によっては意味が無いと思う方もいらっしゃると思いますが、勝っているトレードの多くは、マルチフレーム分析をすることによって、「相場観」を養うことにも繋がるとも言っています。

だからこそ、マルチタイムフレーム分析は、重要なのです。

まだ試していないのであれば、自分のトレードで試しみては如何でしょうか?

「使えるのか?」か「使えないのか?」答えをだすのは、その後で十分です。

マルチタイムフレーム分析は、まずデモ口座・検証ソフトでの練習から本番トレードで行いましょう。

FX初心者におすすめ!検証ソフトについて

 

FXを基礎から学ぶ

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

 

▼海外FX業者の中で日本人利用率No.1▼

今なら口座開設するだけでGET

 

 

FXマルチタイムフレーム分析(MTF)の使い方・コツや簡単手法とは?

一般的にマルチタイムフレーム分析(MTF)は、トレードスタイル「スキャピングトレード(短期)」・「デイトレード(中期)」・「スイングトレード(長期)」に関係なく重要と先程解説しました。

ではマルチタイムフレーム分析(MTF)は、どのようにマーケット利用するのか?

使い方やコツ、手法とはどんなものか?詳しくみていきましょう。

 

FXマルチタイムフレーム分析(MTF)の手法

FX「マルチタイムフレーム分析」の意味とは?使えるの?やり方やコツ・簡単手法を解説
  1. まず長期足からマーケットのトレンドを確認します。
  2. 長期足で意識されているサポート・レジスタントライン等を引きます。
  3. ➁で意識されているラインを抜けた。反発した等でトレードを行います。

手法は、簡単でシンプルですが、かなり効果的です。

何故なら、長い足で意識されているラインを短期足がワンタッチしたところで抜けることは、ほぼありませんし、当然突き抜けた場合は、長期足であればあるほど恩恵は大きいと言えます。

※上のUSDJPYのように、大きなトレンドが発生している場合は、抜けた方向に追尾していく方が流れに乗れることが多いです。

意識するおすすめの時間足は、トレードスタイルによって若干異なります。詳しくみてきましょう。

 

どの時間足を組み合わせればいいか?スキャルピング(短期)のマルチタイムフレーム分析手法の場合

スキャルピングのような短期トレードでは、以下の時間足を利用するトレーダーが多いです。

  • 1分足
  • 5分足
  • 15分足
  • 1時間足
  • 4時間足

 

どの時間足を組み合わせればいいか?デイトレード(中期)のマルチタイムフレーム分析手法の場合

デイトレードのような中期トレードでは、以下の時間足を利用するトレーダーが多いです。

  • 5分足
  • 15分足
  • 1時間足
  • 4時間足
  • 日足

 

どの時間足を組み合わせればいいか?スイングトレード(長期)のマルチタイムフレーム分析手法の場合

スイングトレードのような長期トレードでは、以下の時間足を利用するトレーダーが多いです。

  • 1時間足
  • 4時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足

 

FXマルチタイムフレーム分析(MTF)のまとめ

今回は、マルチタイムフレーム分析(MTF)についてまとめました。

色々なインジケーターを覚えることより、シンプルで且つ、重要です。

まずマーケットの環境認識として、マルチタイムフレーム分析(MTF)を用いることでマーケットを大きな視点でみることができ「あなた」のトレードが飛躍的に向上するかもしれません。

ただ、FXや株式、仮想通貨、いかなるトレードにおいて、必ず価格がこうなるというのは存在しません。

ご自身のトレードの「後押し」程度に考え、用いる事をおすすめします。

また、実際のトレードで活用する際は、検証してから行うようにして下さい。

 

フォレックステスター公式販売ページ

▼成功への投資▼

公式HP

 

 

「あなた」の投資生活に少しでも光がさす事ができれば幸いです。ノシ

 

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

 

FXを基礎から学ぶ

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

 

▼海外FX業者の中で日本人利用率No.1▼

今なら口座開設するだけでGET