テクニカル指標

FX「RSI」とは?計算式や見方・使い方や手法までわかりやすく解説!

あなたは、「RSI」というテクニカルツールをご存知でしょうか?

RSI」は、とてもシンプルで使いやすく、勝率が高いこともあり、初心者からプロトレーダーまでに至るまで、とても人気があるオシレーターの代表とも言わてれるテクニカルツールです。

この記事の内容は、RSIの理解が浅い方や、まだ知らない方にとって必ず役に立つよう、わかりやすく解説しておりますので、興味がある方は、最後までご覧ください。

オシレーター系とは !?

「振り子」や「振り幅」という意味で、投資の世界では「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を示すテクニカル分析手法の事を言います。

代表的なオシレーター系のテクニカル指標は、「MACD」、「DMI」、「ストキャスティクス」等が挙げられます。

 

本記事で解決できる悩み
  1. 「RSI」とは何なのか?
  2. 「RSI」はどういう計算式で成り立っているのか?
  3. 「RSI」の期間設定はどうすればいいのか?
  4. 「RSI」はどう使えばいいのか?手法は?

 

過去紹介した名著「高勝率トレード学のススメ」でも紹介されています。

高勝率トレード学のススメの内容とは?FX・投資初心者におすすめ!

 

 

FXを基礎から学ぶ

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

 

▼海外FX業者の中で日本人利用率No.1▼

今なら口座開設するだけでGET

 

FX・為替「RSI」とは?特徴とは?

RSIは、アメリカの証券アナリストのJ.W.ワイルダーによって、1978年に開発されたオシレーター系のテクニカル分析指標です。

※因みにRSIは、「Relative(相対的)Strength(力)Index(指数)」の略で、日本語で直訳すると「相対力指数」となります。

RSIの特徴とは?

RSI(相対力指数)は、一定期間の相場における「値上がり幅」と「値下がり幅」を活用して、値動きの強弱を数値で表し、買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを判断できるという特徴があります。

レンジ相場の場合は、良く機能しますが、トレンドが発生した場合は、例え「買われすぎ」、「売られすぎ」の状態であっても価格が同方向に進むため、全く機能しない場合があるので注意が必要です。

 

FX・為替「RSIの計算式」とは?

RSIは、一定期間において、「上昇した日の値幅合計」と、「下落した日の値幅合計」をあわせたもののうち、前者の比率を表します。

例えば、比率が上昇日7:下落日3の場合、RSIは70ということになります。

一般的に、比率が70を超えると「買われ過ぎ」と判断され、逆に比率が30を下回ると低す「売られすぎ」と判断することが可能です。

RSIの計算式は、カトラー氏による「単純移動平均線」を用いた「カトラー式」と、J.W.ワイルダー氏による「指数移動平均線」を用いたものの2種類存在します。

「単純移動平均線」と「指数移動平均線」の違いについては、下記記事を参考にして下さい。

FX移動平均線とは!?基礎から設定値・見方・使い方まで分かりやすく解説!

※計算式は違うものの「売られすぎ」、「買われすぎ」を表す指標という意味ではともに同様です。

それでは、RSIの計算式について解説します。詳しく見ていきましょう。

 

カトラー(Cutler)式のRSIとは?

RSI = A ÷ (A+B) × 100

  • A: 計算日数分の前日比上昇幅の平均
  • B: 計算日数分の前日比下落幅の平均

まず、最初に終値の前日比(当日の終値-前日の終値)を算出して、「上昇日」か「下落日」かで分けます。

次に計算日数内の上昇幅の合計から計算日数を割ったもの(A)、計算日数内の下落幅の合計から計算日数を割ったもの(B)をそれぞれ求め、上記の公式に当てはめます。

※カトラー式のA、Bは前日比上昇幅、前日比下落幅の「単純移動平均」を求めています。

 

ワイルダー(Wilder)式のRSIとは?

RSI = A ÷ (A+B) × 100

ワイルダー式のRSIでは、1本目はカトラー式と同じ計算式ですが、2本目以降のA、Bの計算式が異なります。

ワイルダー式は、2本目以降の計算式

RSI = A’ ÷ (A’+B’) × 100

A’、B’は、以下の算出方法です。

  • A’: (前日のA’(or A)の値×(計算日数-1)+当日の前日比上昇幅)÷計算日数
  • B’: (前日のB’(or B)の値×(計算日数-1)+当日の前日比下落幅)÷計算日数

カトラー式が前日比上昇幅、前日比下落幅の「単純移動平均」を算出しているのに対し、ワイルダー式は間近の値を重要視する「指数移動平均(EMA)」を算出しています。

ワイルダー式のRSIの方が元祖で、その後カトラーがA、Bの算出を単純移動平均に組み直したもので算出しています。

 

FXを基礎から学ぶ

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

 

▼海外FX業者の中で日本人利用率No.1▼

今なら口座開設するだけでGET

 

FX・為替「RSIの期間(パラメーター)設定」について

RSIは、チャート上で表示する際、何も設定しない場合は、通常『14日間』で設定されています。

※これは、RSIを考案した「ウエルズ・ワイルダー・ジュニア」が14日間で設定していたからと言われています。

初心者の方は、期間設定で悩まれると思いますが、正直時間の無駄です。

まずは、デフォルトの設定「14」で設定して、自分の中で不都合や検証したい場合は変更すれば良いですが、それ以外は、通常設定で問題ありません!!!

 

FX・為替「RSIの使い方・手法」とは?

前述しましたが、RSIは買われすぎと売られすぎを見極めることが可能です。

ただし、単純にRSIが30%や70%をつけたからといって、単純に逆張りエントリーをするという形だけだと、トータルで勝っていくことは難しいのが現実です。

なぜなら、強いトレンドが発生するとRSIの張り付きという弱点が出てしまうからです。

この張り付きによるダマシを回避するためにどういった条件を追加していくのか、というのがRSIを使った取引におけるポイントになってきます。

例えば、RSIが30%や70%を超えたタイミングでエントリーするのではなく、超えてから反転するのを確認するまで待ってエントリーをすれば、張り付きの可能性は低くなります

中には、反転してから30%や70%のラインを割り込んだタイミングまで待ってエントリーする手法も存在します。

RSIが示す「ダイバージェンシー」とは?

 

ローソク足チャートでは、価格は安値を更新してるが、RSIでは更新していない。

 

ダイバージェンシーとは、「逆行現象」とか「逆乖離」と訳されます。

どのような効果があるのかと言うと、トレンドが弱まっている事を知らせてくれるサインとして発生する場合が多くあります。

価格が高値・安値を更新したのにも関わらず、RSIは更新していない時に、この逆行現象(ダイバージェンス)が発生します。

トレンドが弱まった事を早く知る事によって、利益確定(決済)に活用する事ができます。

 

FX・為替「RSI」のまとめ

今回の記事は、RSIについて詳しくまとめました。

RSIをエントリールールや利確等の指標に取り入れるのも個人的にも「あり」だと思っています。

しかしながら、FXや株式、仮想通貨、いかなるトレードにおいて必ず価格がこうなるというのは存在しません。

よって、ご自身のトレードの「後押し」程度に考えて用いることをおすすめします。

また、ご自身の資産を守る為にも、トレードの指標とする前に、本当に機能するのか否か?デモトレードや検証をしてから本番トレードに活かすようにして下さい。

 

「あなた」の投資生活に少しでも光がさす事ができれば幸いです。ノシ

 

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

FXを基礎から学ぶ

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

 

▼海外FX業者の中で日本人利用率No.1▼

今なら口座開設するだけでGET