基礎用語

FXロンドンフィキシング(ロンフィク )とは?時間帯や特徴・注意点まで解説!

あなたは何も指標が無いのにも関わらず、日付変更の瞬間、特に月末時に価格がいきなり動き、損失を大きくしてしまった経験はないでしょうか?

原因は「ロンドンフィキシング」によるものです。※特に月末が価格が変動するため「月末ロンドンフィキシング」とも言われ有名です。

FXでトレードをするなら、「ロンドンフィキシング」は重要な指標に並び、必ず知るべき知識です。

万が一、知らない場合は、事故に遭遇する前に、是非この記事で必ず知って下さい!

 

この記事では、こんな悩みが解決できます!

  • ロンドンフィキシングとは!?
  • ロンドンフィキシングが発生する時間帯は?
  • ロンドンフィキシングの特徴や注意点は?

是非!最後までお付き合い下さい!!!

 

 

FXを学習したい方必見

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

 

▼海外FX業者の中で日本人利用率No.1▼

今なら口座開設するだけでGET

 

FX「ロンドンフィッキング」とは?

ロンドンフィキシングとは英語で書くと、London Fixingとなります。

ロンドンは、「イギリス」で、フィキシングとは「固定」と略されます。

で!

何を「固定」するのかと言うと、ロンドン市場で金(Gold)の価格を決定する事を意味します。

で!決まった金(Gold)の価格は、全世界の価格指標になります。

金(Gold)の取引は、ドル建てで取引されている為、ドルの需要関係にも影響を与えます。

このような関係性がある為に、この時間帯に為替相場の値動きが荒くなる事「ロンドンフィキシング」と呼ばれているのです。

 

FX「ロンドンフィキシング」の時間帯とは?

時間は、ロンドン市場の16:00(サマータイム:15:00)です。

日本時間では、1:00(サマータイム:0:00)です。

※ロンドンのサマータイムが始まるのは、3月の第2日曜日から11月の第1日曜日までです。

実際に値動きが荒くなる時間帯は、日本時間では、1:00(夏時間だと0:00)の前後30分間、急激に荒くなります。※時間は変動しますので、あくまで目安です。

 

FX「ロンドンフィキシング」の特徴とは?

ロンドンフィキシングの時は、以下のような事が起こりやすい状況です。

初心者の方は、肝に銘じておいて下さい!

  • スプレッドが広がりやすくなる。
  • スリップページが広がりやすくなる。
  • 月末はいつも以上に値動き荒くなる傾向にある。
  • 約定されにくくなる。

詳しく見ていきましょう!

スプレットが広がりやすくなる。

スプレッドとは、実質FXでは手数料です。

ロンドンフィキシング前後のような、短期的な変動が激しいときにはスプレッドが広がることがあります。

※ロンドンフィキシング以外にも、経済指標が発表されたときなどの取引量が急激に増える場合も同様にスプレットが広がりやすい傾向にあります。

スプレッドについて下記記事で詳しく解説しております!

FXスプレッドとは!?変動要因や時間帯・取引コストの計算方法まで徹底解説!

 

スリップページが広がりやすくなる。

短期的に激しい値動きがある場合、希望通りの注文と違う価格で注文が通ってまう事があります。

一般に「価格がすべる」と表現されていますが、これをスリップページといいます。

 

約定されにくくなる。

約定がFX会社に拒否される、ということもあります。
短い時間に多くの注文が殺到したときに、FX会社が注文に対応しきれず約定を受け付けないことがあります。
当然、値動きが激しいロンドンフィキシングでも発生する可能性があるので注意しましょう。

 

XMはトレーダーがおこなった注文の99.35%は

1秒以内に約定されます

FXにおいて約定力が全てであるという確固たる信念に基づいています。

今なら口座開設するだけでGET

 

月末はいつも以上に値動きが荒くなる傾向にある。

ロンドンフィキシングが月末や期末と重なると、ユーロ圏との取引量が最も多くポンドで決算するイギリス企業の決算時期と重なります。

その為、通常のロンドンフィキシング以上に為替相場の値動きが荒くなる傾向になる為、注意が必要です。

初心者の方はガチで注意して下さい!

 

 

FXを学習したい方必見

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

 

FX「ロンドンフィキシング」で初心者が注意すべきこと!

ロンドンフィキシングで注意すべきことはその前後の時間帯に予想とは逆に強いトレンドが生まれやすい事です。

そういった場面では、多くポジションをもっているのであれば、ポジションを少し整理する事をお勧めします。

特に、ヨーロッパ系通貨のユーロやポンドは急激な価格変化が発生する場合もあるので注意が必要です。

取引量が多いユーロならましですがポンドをトレードすることは上級者向けの時間帯=ロンドンフィキシングであると考えても間違いは無いです。

普段よりロット数を落としてトレードする分にはいいのですが、フルレバレッジで相場に挑んでいるのであれば、大事故に遭遇する可能性が高いです。

初心者トレーダーの方は、慣れるまで、23時頃までに手仕舞いして、その後の値動きを観察して勉強する事もおススメです。

大きなポジション調整が行われやすい金曜日の深夜やブレグジット関連の新しい情報が発表されそうな日のロンドンフィキシングにも注意したいところです。

 

FX「ロンドンフィキシング」のまとめ

今回は、「ロンドンフィキシング」についてまとめました。

要は、日本時間では、1:00(夏時間だと0:00)は値動きに注意し、特に月末・期末は更に注意するべきという事です。初心者の方は特に注意して下さい!

 

「あなた」の投資生活に少しでも光がさす事ができれば幸いです。ノシ

 

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

 

FXを学習したい方必見

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

▼海外FX業者の中で日本人利用率No.1▼

今なら口座開設するだけでGET