テクニカル指標

FXグランビルの法則とは!?8つの売買パターンから期間設定・注意点まで解説!

今回の記事では

グランビルの法則を理解する者が移動平均線を理解する。

移動平均線を理解する者がチャート分析を制する

で有名な『グランビルの法則』について、詳しく解説しました!!!

 

こんな疑問が解決できます!!!

  • グランビルの法則とは!?
  • グランビルの法則の『移動平均線の期間設定』は!?
  • グランビルの法則の『買い・売りの8つのシグナル』とは!?
  • グランビルの法則の『注意点』とは!?

 

この記事ではこのような疑問が全て解決できます。

是非!最後までお付き合い下さい!!!

 

『グランビルの法則』は、コチラの本でより深く学べます!

無料おススメ書籍のご紹介

 

FXグランビルの法則とは!?

グランビルの法則とは、1960年に米国のアナリストである『ジョゼフ・E・グランビル』氏が考案した法則です。この法則には、『値動きや・移動平均線の位置関係から買いと売りの8つのシグナル』があります。

詳しく見ていきましょう!!!

グランビルの法則で使用する『移動平均線』について基礎から詳しく知りたい知りたい方は、下記記事を参照して下さい!

FX初心者必見!基礎から学ぶ移動平均線!!

 

FXグランビルの法則の『売り・買いの8つのシグナル』とは!?【一覧表】

グランビルの法則の『買いシグナル』と『売りシグナル』は、以下の通りです。

条件
買い① 移動平均線が下落後、横ばいまたは上向きの時に、レートが移動平均線を上に突き抜けたタイミング
買い② 移動平均線が上向きの時に、レートが一時的に移動平均線を下回わり、再度上に抜けたタイミング
買い③ 移動平均線が上向きの時に、レートが移動平均線に近づき、移動平均線を下に抜けることなく反発して上昇に転じたタイミング
買い④ 移動平均線は下向きだが、レートが移動平均線から大きく乖離したタイミング
売り⑤ 移動平均線が横ばいまたは下向きの時に、レートが移動平均線を下に抜けたタイミング
売り⑥ 移動平均線が下向きの時に、レートが一時的に移動平均線を上回ったが、再度下に抜けたタイミング
売り⑦ 移動平均線が下向きの時に、レートが移動平均線に近づき、移動平均線を超えることなく反発して下落に転じたタイミング
売り⑧ 移動平均線は上向きだが、レートが移動平均線から大きく乖離したタイミング

 

FXグランビルの法則の各シグナルの詳細

ここでは、先程、ご紹介したシグナルの詳細をご紹介します。

買い➀ 移動平均線のブレイク買いポイント

移動平均線が下向きから横ばい(上向き)に変わってきているということは、売り注文の圧力が弱まり、買い注文が優勢になる事を言えます。

要は、下降トレンドから、上昇トレンドへ転換した可能性があるポイントと言えます。

買い② 下抜け後の押し目買いポイント

移動平均線が上向きになり、価格レートが一時的に下降し、再度価格レートが移動平均線をブレイクして上昇した事は、やはり買い注文が優先であり、トレンドが転換した可能性があります。

要は、本格的な上昇トレンドの開始や押し目買いポイントと言えます。

買い③ 反発後の押し目買いポイント

価格レートが移動平均の上で推移していて、下落(調整)の動きを見せるが、移動平均線を下回ることなく反発した事により、上昇トレンドが継続している可能性があります。

要は、『反発後の押し目買いポイント』と言えます。

買い④ 完全逆張り買いポイント

移動平均線が下落している時に、価格レートがが大きく離れ(乖離)している場合、トレンドの終焉・反転ポイントと言えます。

但し、価格レートは、何れ戻ってくる可能は高いですが、このポイントは非常に難しく避けるポイントへきとも言えます。

なぜなら、乖離がどの程度という箇所が非常に曖昧だからです。

また、このポイントでは、トレンドが継続してしまう事により、大きな事故を招く可能性があるので注意が必要です。

売り⑤ 移動平均線ブレイク売りポイント ※買いの反対

移動平均線が上向きから横ばい(下向き)に変わってきているということは、買い注文の圧力が弱まり、売り注文が優勢になる事を言えます。

要は、上昇トレンドから、下降トレンドへ転換した可能性があるポイントと言えます。

売り⑥ 上抜け後の戻り売りポイント ※買いの反対

移動平均線が下向きになり、価格レートが一時的に上昇し、再度価格レートが移動平均線をブレイクして下降した事は、やはり売り注文が優先であり、トレンドが転換している可能性があります。

要は、本格的な下降トレンドの開始や戻り売りポイントと言えます。

売り⑦ 反発後の戻り売りポイント ※買いの反対

価格レートが移動平均の下で推移していて、上昇(調整)の動きを見せるが、移動平均線を上回ることなく反発した事により、下降トレンドが継続している可能性があります。

要は、『反発後の戻り売りポイント』と言えます。

売り⑧ 完全逆張り売りポイント ※買いの反対

移動平均線が上昇している時に、価格レートがが大きく離れ(乖離)している場合、トレンドの終焉・反転ポイントと言えます。

但し、価格レートは、何れ戻ってくる可能は高いですが、このポイントは非常に難しく避けるべきポイントとも言えます。

なぜなら、乖離がどの程度という箇所が非常に曖昧だからです。

また、このポイントでは、トレンドが継続してしまう事により、大きな事故を招く可能性があるので注意が必要です。

 

『グランビルの法則』は、コチラの本でより深く学べます!

無料おススメ書籍のご紹介

 

FXグランビルの法則『移動平均線の期間設定』とは!?

グランビルの法則で利用する移動平均線の期間や時間足は、一般的に『200日移動平均線』と『日足』が基本です。

※期間設定の数値は、拘る必要はありません。なぜなら期間設定がこの数値だからといって完璧に効く事はないからです。但し、短い期間設定や短い期間足よりは、長い方がダマし等にあいにくい特徴があります。

FXグランビルの法則の注意点とまとめ

どの法則や理論もそうですが、そのまま相場で活用してもダマしような効かない場面もあります。

自身のトレードで実践するには、検証や損切設定をして使用するようにしてください!

▼検証の仕方や基礎は、下記の記事でご紹介しております▼

FX初心者におすすめ!検証ソフトについて

▼損切については、下記の記事でご紹介しております▼

FX初心者がやるべき事!それは「トレードルールの作成」だ!➂_損切り編

 

グランビルの法則を学ぶ上で重要な事は、その他大勢の大衆が意識している事を理解する事にあります。その理解が自身の裁量トレードに役立つのです。

 

『グランビルの法則』は、コチラの本でより深く学べます!

無料おススメ書籍のご紹介

 

「あなた」の投資生活に少しでも光がさす事ができれば幸いです。ノシ

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


為替・FXランキング