テクニカル指標

FX初心者必見!基礎から学ぶ移動平均線!!

突然ですが

あなた」は、移動平均線の本質を理解してますか?

あなた」は、何故取引チャートに移動平均線を表示しているのですか?

この「問い」にしっかりとした答えが無い初心者の方は

今回の記事を読んで勉強する事を「おすすめ」します!

 

当然、この記事の内容を理解すれば

移動平均線を理解できる!

そのような内容です!

是非!最後までお付き合い下さい!

 

移動平均線とは!?

「終値を何日分か合計して、その間の日数で割った数字をプロットしていき、線でつないでもの」です。

MA」と表記されている事が多いです。※oving verages

移動平均線は、細かく言うと3種類あります。

  1. 単純移動平均線
  2. 指数平滑移動平均線
  3. 加重移動平均線

詳しく見ていきましょう!

単純移動平均線(SMAまたはMA)とは

一定期間の終値を単純に平均して、繋いだ線の事を言います。

imple oving verrage」の略でSMA」と表記される事が多いです。

移動平均線の計算式

日足チャートで5SMAを表記した場合

5SMA =(N+N1+N2+N3+N4) ÷ 5

  • =直近の終値」
  • N1=前日の終値」
  • N2=2日前の終値」
  • N3=3日前の終値」
  • N4=4日前の終値」

※正直、計算式を覚える必要はありません。

単純移動平均線(SMAまたはMA)の特徴

一定期間の終値を平均化したシンプルな計算な為、値動きにはあまり敏感ではありません。

全体のトレンドの流れを確認する際に利用するのが一般的です。

 

指数平滑移動平均線(EMA)とは

 

直近の価格を2倍にして計算した平均線です。

xponetial oving verrage」の略でEMA」と表記される事が多いです。

※平滑・・・平らでなめらかなこと。

指数平滑移動平均線の計算式

日足チャートで5MAを表記した場合

5EMA =N × 2 ÷(N+N1+N2+N3+N4) ÷ 5

  • =当日のEMA」
  • N1=前日の終値」
  • N2=2日前の終値」
  • N3=3日前の終値」
  • N4=4日前の終値」

※正直、計算式を覚える必要はありません。

指数平滑移動平均線(EMA)の特徴

「SMA」より、当日に近い価格ほど大きく計算される為、値動きに敏感に反応します。

 

加重移動平均線(WMA)とは

単純移動平均よりも、直近の価格に重点を置いた分析ができるようにしています。

eighted oving verrage」の略でWMA」と表記される事が多いです。

加重移動平均線の計算式

日足チャートで5MAを表記した場合

5WMA =(N × 5)+(N1 × 4)+(N2×3)+(N3×3) 

(N4 × 2)+(N5 × 1) ÷ 15

  • =本日の終値」
  • N1=前日の終値」
  • N2=2日前の終値」
  • N3=3日前の終値」
  • N4=4日前の終値」

※正直、計算式を覚える必要はありません。

加重移動平均線(WMA)の特徴

「SMA」や「EMA」に比べて最も直近の為替レートに敏感に反応します。

 

移動平均線でわかる重要な事

移動平均線は、終値の平均=「実需の平均」の動きを表している為、その期間のマーケット全体の売り買いの平均コストを表しています。

つまり、移動平均線は、現在のマーケットの方向を表すのに非常に重要なツールです。

SMA」や「EMA」、「WMA」であろうが

マーケットが現在どういう状況にあるか?

移動平均線を用いて、「実需の動きを」理解する事が非常に重要です。

詳しく見ていきましょう!

移動平均線でわかる「買い方が有利な場合」

移動平均線よりもローソク足が「上」にある時

買い方は、評価益を抱え、売り方は、評価損を抱えている状況です。

つまり、「買い方」の方が有利=買われやすい状況と言えます。

移動平均線でわかる「売り方が有利な場合」

移動平均線よりもローソク足が「下」にある時

買い方は、評価損を抱え、売り方は、評価益を抱えている状況。

つまり、「売り方」の方が有利=売られやすい状況と言えます。

 

移動平均線の期間設定について

移動平均線の期間は

「5」、「25」、「50」、「75」、「100」、「200」などの期間が良く使われています。

正直、どれが正解とかはありません。

これにこだわるのは無駄な時間を浪費する事に繋がります。

 

移動平均線で知る事ができる重要な事は、現在のマーケットがどういう状況か知る事と説明しました。

とすれば、設定する期間は、より多くの人が設定している期間にするべきですよね?

※私は、「25」、「50」、「75」、「100」、「200」です。

因みに

「〇〇期間移動平均線」と「〇〇日移動平均線」では仕組みが違いますので

説明します。

「〇〇期間移動平均線」と「〇〇日移動平均線」の違い

「〇〇日移動平均線」は、期間を「200」にすると200日間の移動平均線です。

 

「〇〇期間移動平均線」は

例えば

15分足200MAを表示すると

15分足200本分の平均線です。

 

※200日移動平均線で分析したい場合は、「19,200」で設定します。

15分が4本あると1時間

1日は、それの24時間なので、4(時) × 24(日) = 96(本)

200日であれば、96 × 200 = 「19,200」

 

このように

「〇〇日移動平均線」と「〇〇期間移動平均線」は意味合いが全く違いますので必ず理解しておきましょう!

まとめ

今回は移動平均線について記事にしました。

まず移動平均線の本質は「環境認識」です。

終値の平均=「実需の平均」の動きを表している為、その期間のマーケット全体の売り買いの平均コストを表してる。

よって

最初に紹介した3種類の移動平均線をどれにすればいいのか?

そんな事で悩まないで下さいね!

下図の通り、ほぼ変わりません。

それでも悩むのであれば

私が決めます!「SMA」で大丈夫です(*’▽’)!

また、移動平均線の期間設定も同様に悩まない!

一般的に使用されている設定値で全く問題ありません!

繰り返します。

移動平均線とは、現在マーケットがどういう状況なのか?

売り方、買い方はどちらが有利なのか?

環境認識するツールに過ぎません。

それ以上でも

それ以下でもありません

が!

実際にトレードを行う前に

それを理解してから戦略を立てる事が非常に重要なのです!

 

「あなた」の投資生活に少しでも光がさす事ができれば幸いです。ノシ

 

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


為替・FXランキング