テクニカル指標

FX移動平均線とは?基礎から計算式や設定値・見方や使い方まで分かりやすく解説

突然ですが

あなたは、「移動平均線」の本質を理解してますか?

あなたは、なぜ取引チャートに「移動平均線」を表示しているのでしょうか?

この「問い」にしっかりとした答えが無い方は、今回の記事を読んで移動平均線の基礎から学びなおしましょう。

なぜなら、無意味にテクニカルインジケーターを取引チャートに表示させることは本当に大事なことを見落とし、わけのわからない取引に繋がるからです。

 

本記事で解決できる悩み
  1. 「移動平均線」とは何なのか?
  2. 「移動平均線」はどういう計算式で成り立っているのか?
  3. 「移動平均線」の期間設定はどうすればいいのか?
  4. 「移動平均線」はどう使えばいいのか?手法は?

 

興味がある方は、最後までご覧ください。

 

 

FXを基礎から学ぶ

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

 

▼海外FX業者の中で日本人利用率No.1▼

今なら口座開設するだけでGET

 

FX・為替「移動平均線」とは!?

移動平均線とは、終値を何日分か合計して、その間の日数で割った数字をプロットしていき、線でつないでものです。

MA」と表記されている事が多いです。※oving verages

移動平均線は、細かく言うと③種類あります。

  1. 単純移動平均線
  2. 指数平滑移動平均線
  3. 加重移動平均線

詳しく見ていきましょう!

➀単純移動平均線(SMAまたはMA)とは?

一定期間の終値を単純に平均して、繋いだ線の事を言います。

imple oving verrage」の略でSMA」と表記される事が多いです。

 

単純移動平均線(SMAまたはMA)の計算式とは?

日足チャートで5SMAを表記した場合

5SMA =(N+N1+N2+N3+N4) ÷ 5

  • =直近の終値」
  • N1=前日の終値」
  • N2=2日前の終値」
  • N3=3日前の終値」
  • N4=4日前の終値」

単純移動平均線(SMAまたはMA)の特徴とは?

一定期間の終値を平均化したシンプルな計算な為、値動きにはあまり敏感ではありません。

全体のトレンドの流れを確認する際に利用するのが一般的です。

 

➁指数平滑移動平均線(EMA)とは?

直近の価格を2倍にして計算した平均線です。

xponetial oving verrage」の略でEMA」と表記される事が多いです。

※平滑・・・平らでなめらかなこと。

指数平滑移動平均線(EMA)の計算式とは?

日足チャートで5MAを表記した場合

5EMA =N × 2 ÷(N+N1+N2+N3+N4) ÷ 5

  • =当日のEMA」
  • N1=前日の終値」
  • N2=2日前の終値」
  • N3=3日前の終値」
  • N4=4日前の終値」

指数平滑移動平均線(EMA)の特徴とは?

「SMA」より、当日に近い価格ほど大きく計算される為、値動きに敏感に反応します。

 

➂加重移動平均線(WMA)とは?

単純移動平均よりも、直近の価格に重点を置いた分析ができるようにしています。

eighted oving verrage」の略でWMA」と表記される事が多いです。

 

加重移動平均線(WMA)の計算式とは?

日足チャートで5MAを表記した場合

5WMA =(N × 5)+(N1 × 4)+(N2×3)+(N3×3) 

(N4 × 2)+(N5 × 1) ÷ 15

  • =本日の終値」
  • N1=前日の終値」
  • N2=2日前の終値」
  • N3=3日前の終値」
  • N4=4日前の終値」

加重移動平均線(WMA)の特徴とは?

「SMA」や「EMA」に比べて最も直近の為替レートに敏感に反応します。

 

 

FX・為替「移動平均線」でわかる重要な事とは?

移動平均線は、終値の平均=「実需の平均」の動きを表している為、その期間のマーケット全体の売り買いの平均コストを表しています。

つまり、移動平均線は、現在のマーケットの方向を表すのに非常に重要なツールです。

SMA」や「EMA」、「WMA」であろうが

マーケットが現在どういう状況にあるか?

移動平均線を用いて、「実需の動きを」理解する事が非常に重要です。

詳しく見ていきましょう!

移動平均線でわかる「買い方が有利な場合」とは?

※上のチャートは、長期日足「200MA」を表記しています。

 

移動平均線よりもローソク足が「上」にある時

買い方は、評価益を抱え、売り方は、評価損を抱えている状況です。

つまり、「買い方」の方が有利=買われやすい状況と言えます。

 

移動平均線でわかる「売り方が有利な場合」とは?

※上のチャートは、長期日足「200MA」を表記しています。

 

移動平均線よりもローソク足が「下」にある時

買い方は、評価損を抱え、売り方は、評価益を抱えている状況。

つまり、「売り方」の方が有利=売られやすい状況と言えます。

 

 

FXを基礎から学ぶ

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

 

▼海外FX業者の中で日本人利用率No.1▼

今なら口座開設するだけでGET

 

FX・為替「移動平均線の期間設定」とは?おすすめの組み合わせとは?

移動平均線の期間は、「5」、「25」、「50」、「75」、「100」、「200」などの期間が良く使われています。

どれが正解とかはありませんので、期間設定で悩むことは無駄な時間を浪費することに繋がります。

ただ、そうは言っても、初心者の方は悩んでしまうと思いますので、トレード種別で分け、おすすめの移動平均線の組み合わせ・期間設定についてご紹介します。

 

移動平均線のおすすめ期間の組み合わせとは?

移動平均線は、「短期線」、「中期線」、「長期線」の3本を組み合わせるのが一般的でおすすめです。

トレンドの発生している場合は、上昇トレンドでは下から「短期」、「中期」、「長期」の順に、下降トレンドでは逆に上から「長期」、「中期」、「短期」の順に並んでいる状態をトレンドと判断します。

また、3本の順序が乱れている時はもみ合いと判断することが可能です。

 

トレード種別 MAの組み合わせ
スキャルピング
(1分~15分足)
「5・10・25」
「5・20・40」
デイトレード
(1時間~日足)
「20・50・100」
「25・75・200」
スイングトレード
(4時間~週足
「75・100・200」
「50・75・100」

 

 

FX・為替「〇〇期間移動平均線」と「〇〇日移動平均線」の違いとは?

「〇〇日移動平均線」は、期間を「200」にすると200日間の移動平均線です。

 

「〇〇期間移動平均線」は

例えば

15分足200MAを表示すると

15分足200本分の平均線です。

 

※200日移動平均線で分析したい場合は、「19,200」で設定します。

15分が4本あると1時間

1日は、それの24時間なので、4(時) × 24(日) = 96(本)

200日であれば、96 × 200 = 「19,200」

 

このように

「〇〇日移動平均線」と「〇〇期間移動平均線」は意味合いが全く違いますので必ず理解しておきましょう!

 

FX・為替「移動平均線」のまとめ

今回は移動平均線について記事にしました。

まず移動平均線の本質は「環境認識」です。

終値の平均=「実需の平均」の動きを表している為、その期間のマーケット全体の売り買いの平均コストを表してる。

よって

最初に紹介した3種類の移動平均線をどれにすればいいのか?

そんな事で悩まないで下さいね!

下図の通り、ほぼ変わりません。

それでも悩むのであれば

私が決めます!「SMA」で大丈夫です。

 

また、移動平均線の期間設定も同様に悩まない!

一般的に使用されている設定値で全く問題ありません。

繰り返します。

移動平均線とは、現在マーケットがどういう状況なのか?

売り方、買い方はどちらが有利なのか?

環境認識するツールに過ぎません。

それ以上でも

それ以下でもありません

が!

実際にトレードを行う前に

それを理解してから戦略を立てる事が非常に重要なのです!

 

「あなた」の投資生活に少しでも光がさす事ができれば幸いです。ノシ

 

最後に、この記事が有益だと感じたら、
ブログランキングにご協力頂けると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

 

 

FXを基礎から学ぶ

FX無料おすすめ書籍

▼送料のみの無料書籍です▼

 

▼海外FX業者の中で日本人利用率No.1▼

今なら口座開設するだけでGET